本文へスキップ

離婚後の姓と戸籍は?-離婚手帳.com

離婚後の姓と戸籍

離婚後の姓と戸籍をどうするか決めましょう。一度チョイスした姓は後からは変えられませんので注意。ただし事情があれば家庭裁判所に申し立てることができますよ。

離婚後は旧姓に戻すのが一般的

戸籍は2通り選べます

戸籍謄本の変更

夫の戸籍にはいっていたあなたの戸籍は離婚するときに抜くことになります。そのとき新しくあなただけの戸籍をつくるか、親の戸籍に戻るかを選びます。親の戸籍に入るのなら旧姓にもどるしかありません。新しく戸籍をつくる場合は、「旧姓でつくる or 婚姻時の姓でつくる」のどちらかを選びます。

(注意)婿養子・夫があなたの戸籍にはいった場合。籍をぬくのは夫側ですから、当然あなたの戸籍&姓は何の変更もなく、そのまま現状どおりかわりません。

旧姓に戻すメリット・デメリット

メリット

ご近所の噂が気になる

・気持ちが一新される

・思い切って変更してしまえば、後々の手続きが楽になる

デメリット

・職場やご近所に離婚がバレてしまう

・しばらくは周りの目が気になる

結婚時の姓を継続する方法

「離婚の際に称していた氏を称する届」が必要です!

市役所で「離婚の際に称していた氏を称する届」をもらう

「離婚の際に称していた氏を称する届」は市役所でもらえます。出向かなくてもお住まいの市役所ホームページからダウンロードも可能(できない市役所もあります)。離婚届をだしてから3カ月以内に市役所に提出します。

戸籍上を旧姓にもどして、結婚時の姓を通称としてつかう方法も

迷ったとき用に、いいとこ取りのハイブリッド方式をご紹介します。公的な健康保険証・銀行口座名義などは旧姓にもどします。そのかわり職場や普段は婚姻時の姓をつかうようにする方法です。

大きなデメリット

ただし、公的な保険証などは戸籍上の姓をかいて、会員証などは通称をつかうなど、ややこしい部分があります。自分でどこでどっちの名前を書くかをキッチリきめておいたほうがいいですね。

結婚時の姓を継続するメリット・デメリット

メリット

免許証の名義変更がいらない

・免許証、銀行口座などの名義を変える手間がはぶける

・周囲に離婚したことが分かりづらくなる

デメリット

・あとから“やっぱり旧姓に戻せばよかったかな”と悩まなくてすみます

・再婚すると最初の旧姓に戻すことができなくなります

離婚時に選択した夫の姓…やっぱり変更したい!

家庭裁判所に「氏の変更許可」の訴えをおこして認められれば変更OK!

家庭裁判所に姓変更を認めてもらう

原則、離婚時に決めた姓は変更できないことになっています。しかし例外として「やむを得ない事由がある場合には、離婚時に選択した姓の変更も可能」と法律でさだめられています(戸籍法第107条第1項)

具体的にはこちらの3つの理由が認められやすいと考えられます。

(1)離婚時に姓を選んでからまだ日が浅いこと(最近では数年後でも変更されるケースも。時代の流れで緩和傾向にあるようです)

(2)やむを得ない事情があること(墓や家を継ぐものがいないなど)

(3)社会的な弊害が発生する恐れがないこと(あなたが名前を変更することによって損を受けるひとがいれば認められません。消費者金融に大きな借金がある場合厳しいようです)

家庭裁判所「氏の変更許可」必要な書類と費用

あとから姓を変更するときに必要な書類と費用について補足しておきますね。

必要な費用

収入印紙800円分、連絡用の郵便切手

申立てに必要な書類の例

(1)申立書(家庭裁判所でもらうか、ダウンロード)、(2)申立人の戸籍謄本(全部事項証明書)など

必要な書類をつくって家庭裁判所に申し立てをし判決をまちます。状況によっては裁判所からよびだされることも。

まとめ:離婚後の姓と戸籍

多くの女性は結婚して姓を変更した側ですよね。離婚して姓を継続するか、変えるかはどちらもあなたに認められた権利です。「氏の変更許可」で後から変更もできますが絶対認められる保証はありません。離婚する前にじっくりと考えて手続きしましょう。