本文へスキップ

離婚 慰謝料‐離婚手帳.com‐

離婚でもらえる慰謝料とは?

夫側が不貞(不倫・浮気)をはたらいた場合などに慰謝料を請求することができます。ただし相手側の経済力を超えた請求は意味がありません。

離婚の慰謝料、どんなときにもらえるの?

「夫を愛せなくなりました。慰謝料もらえますよね?」いいえ、慰謝料は夫が違法行為をおこしたことが前提です。

慰謝料がごめんなさいのお金

よくある「性格があわない」「生理的にイヤ」などでは法律で違法とまでいえません。ですから「夫と一緒にいるとツライ」という漠然とした感情だけで慰謝料は請求できないことになります。

(注意)これから説明する「慰謝料がもらえる条件」は、調停や裁判になって他人に判断してもらう場合です。夫婦ふたりの間だけできめる協議離婚ならば、好きな慰謝料金額をやりとりすればいいでしょう。

慰謝料の相場は夫の経済力次第!

「芸能人の離婚慰謝料は5000万円!」といったワイドショーをみたことがあるのでは?

無い袖はふれません

しかし一般人はそんなにはらえませんよね。支払う側の経済状況以上の慰謝料は意味がありません。例えば年収500万円・資産ゼロの夫に一千万円の慰謝料を請求してもまず認められませんし、認められたとしても支払うことができないでしょう。

相手の年収・資産に応じて左右されます。現実的な慰謝料相場としては100万円以下だったり、200〜300万だったりさまざま。多くても500万円以内が多いようですね。

離婚で慰謝料がみとめられないケース

慰謝料がもらえる

性格があわない

話があわない・なんとなく楽しくない・相手の愚痴が多い・会話がない、などなどあやふやな理由では慰謝料の請求はできません。

長年面白味のない夫につきあってきてあげたんだから慰謝料ちょうだい!という熟年離婚の妻の意見はまったく認められないということになります。

夫婦どちらにも離婚原因の責任がある

夫も妻も浮気している「ダブル不倫」は相殺されて、慰謝料の請求はどちらからもできなくなります。

また、相手の不倫の原因がもう一方にあった場合も、減額になったり、請求できなくなったりします。夫の暴力が原因で妻が不倫にはしってしまったときは、同情する余地があって状況が考慮されるということですね。

財産分与ですでに多めにもらっている

財産分与は法的に1/2と決まっています。財産分与に慰謝料分をふくめて多くもらっている場合は、新しく慰謝料はもらえません。

慰謝料がみとめられるケース

調停や裁判でみとめられるには物的証拠や証言が必要です

慰謝料がもらえないケース

不倫・浮気

夫が浮気や不倫をしている場合は文句なく夫へ慰謝料の請求ができます。

ただし例外もあります。それは夫婦が数年別居しているなど“不倫の前にすでに夫婦生活が破たんしている”と判断されるときです。たとえば約3年間別居、夫婦で性的行為がなかったとなれば、“夫婦関係が破たんしている”と認められるようです。このあたりの細かい年数などは状況で判断がわかれますので、弁護士に相談したほうが確実でしょう。

暴力・DV

夫が暴力をふるっている場合です。暴力をうけた記録をのこしておいてください。具体的には病院で診断書をもらっておく、なぐられた部位の写真をとっておく、日記をつけておく、録音しておくなどがあります。

手をあげなくても日常的に毎日ののしられたり・暴言をはかれているとDV(モラハラ)にあたります。こちらも客観的な事実が必要ですから録音などをしておきましょう。

「悪意の遺棄(あくいのいき)」

「悪意の遺棄」は法律用語。簡単にいえば、あなたは専業主婦・子育て中で外で働くことができないのに、夫が急に家からでていき生活費をいれてくれないなどの行為があたります。

現代では妻が夫以上に稼いできたり、夫が専業主夫だったりするかもしれませんね。そのときはまた少し違ってきます。

通常の性的交渉を拒否

セックス・レスといわれるものです。

まとめ:離婚の慰謝料

離婚の慰謝料を請求したいのなら法的根拠(ほうてきこんきょ)がひつようです。「価値観があわない」「もう好きじゃない」というアバウトな理由は慰謝料の条件にはなりません。