本文へスキップ

熟年再婚とは? -離婚手帳.com-

熟年再婚について

熟年再婚とは50代、60代、70代、80代の熟年層がふたたび結婚することです。

いま60歳以上の熟年再婚がふえています!

60歳以上の再婚者数は年々増加。

熟年再婚のグラフ

厚生労働省・平成27年データをみてみましょう。

1985年 女性739人 / 男性2642人
    
1995年 女性1672人 / 男性4260人
    
2005年 女性3370人 / 男性7589人
    
2015年 女性4313人 / 男性8646人
    

1985年〜2015年までの30年間で男性熟年再婚者数は約3倍、女性は約6倍近くになっていることがわかりますよね。

平均寿命もぐっとのびていますから、いまの60歳はひとむかしまえの50歳くらいの感覚なのでしょう。

熟年再婚相手の見つけ方

再婚相手をみつける方法は、いきつけの飲食店で親しくなったり、知り合いからの紹介だったり、シニア専門婚活パーティーだったりがあります。

60代の婚活

熟年の恋愛でうまくいくコツは?

デート前に清潔感をキープ!

若い時はだらしない恰好でもかっこう良くみえていましたが、今は違います。デート前に清潔感をキープできるように気をくばりましょう。具体的には顔を洗う、歯磨き(治療済み)、洋服はいつも洗濯・アイロン済みのものを身に着けることです。

面倒くさくてもひと手間をかけることで、おどろくほどビシッとみえますよ。

熟年恋愛・シニア恋愛は子どもから大反対されることがあります。

いくら「恋愛は自分だけの問題だから口を出すな!」といっても子どもからすれば、どうしても無視できない問題です。

折にふれて子どもにも「今度婚活パーティーにいく」「一緒に住もうとおもっている」「どう思う?」など話題にだしておくと、子ども側も受け入れやすいはず。

寄ってくる異性がお金目的かを見きわめよう

20歳も年下の若い恋人ができたAさん(男性)の例をお話します。

Aさんは若い恋人に振られたくないばかりに、言うがままに旅行につれていったり、プレゼントをしたり、デート代すべて負担したりしていました。

年金暮らしでは足りず、息子から数十万のお金を借りました。その後借金まみれになったAさん。「お金の切れ目が縁の切れ目」とばかりに、20歳年下の恋人にもふられてしまったそうです。
Aさんに残ったのはすっからかんになった銀行残高と借金だけ…。
こんな熟年再婚の失敗例もあるのです。

子どもにお金を借りる恋愛はおかしいと気づく

子どもから「最近、お金使いが荒くなってきたね」といわれてきたらイエローカード。さらにお金が足りなくなって子どもからお金を借りるようになってしまうと、それはもうレッドカードですよ!

再婚と相続問題

恋人同士の間は当人同士の問題ですが、籍をいれると相続問題が発生します。

60代の熟年再婚からの相続問題

交際の段階では子供も賛成してくれていたのに、いざ「籍を入れたい」とつたえると、人が変わったように反対されることもあるのです。

生前贈与

あとから遺産でモメないために生前贈与をしておくと子供たちに理解がえられる場合があります。

生前贈与とは文字のとおり「あなたが生きている間に子供に財産を分与しておく」ことです。

事実婚という選択

事実婚は「婚姻届け」をださない結婚です。事実婚の届けがありますのでお住まいの市役所で手続きします。

事実婚は熟年再婚にちょうどいい

事実婚にしておくと普通の夫婦と同じく税金の優遇措置がうけられます。もちろん扶養にもはいることができますよ。籍を入れる普通婚とちがうのは「遺産をもらう権利はゼロ」という点です。

遺言書をつくっておく

生前に遺言書をつくっておけば、自分が亡くなった後に財産を子供に多めにのこしておくことも可能です。

熟年再婚まとめ

高齢になってから出会いをあきらめていたところに、自分を好きになってくれる再婚相手があらわれ舞い上がってしまう気持ちはよくわかります。

熟年再婚で一番もめるのは、お金と介護問題です。再婚相手があなたに何を求めているのかをはっきり見極めることも大切ですよ。残りの人生をステキなものにするためにも気になることはクリアにして再婚しましょう。