本文へスキップ

法的 離婚 理由 - 離婚手帳.com

法的な離婚の理由

訴訟や裁判にもちこまれると、離婚が認められるためには「離婚事由(りこんじゆう)」とよばれる法的なリコン理由が必要なのです

離婚事由(りこんじゆう)とは?

    

離婚事由は法律で定められた離婚の理由です

お互いの同意がある協議離婚(円満離婚)ならば、どんな理由であっても離婚OK! しかし相手が拒否した場合には裁判所にて調停おこした後、それでも二人で和解できなければ最終的なリコン裁判へともちこまれます。

民法770条「裁判上の離婚」

裁判で離婚がみとめられるためには民法第770条にあるこちらの離婚事由が焦点です。

“1 夫婦の一方は次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

 1 配偶者に不貞な行為があったとき。

 2 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

 3 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。

 4 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

 5 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

2 裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。”

(引用元:民法第770条「裁判上の離婚」)
専門用語が多いため順番に説明していきますね。

不貞な行為をしたとき:法的な離婚理由1

「不貞な行為(ふていなこうい)」とは俗にいう不倫のことです。

法律でみとめられやすい離婚の原因ですね。ただし客観的な不貞の証拠が必要となります。具体的には不貞相手との証拠写真や、ホテルにふたりで泊まっていたという客観的な証明がもとめられます。ちなみに相手の携帯電話を勝手にぬすみ見てつかんだ証拠は認められないことになっています。

悪意の遺棄(あくいのいき)をされたとき:法的な離婚理由2

「悪意の遺棄」とは相手が生活費を渡さなかったり、勝手に別居されてしまったりと、あなたが放置されることです。

妻が専業主婦なのに夫が生活費をくれなくて生活できなくなった、勝手に家を出ていってしまった場合などがこれにあたります。別居をしていても生活費などはこれまで通り夫が負担する必要があるからです。ただし妻のほうが収入が多くこれまでも夫から生活費をもらっていなかった場合は「悪意の遺棄」とはなりません。

配偶者の生死が3年以上あきらかでないとき:法的な離婚理由3

蒸発・事故・天災などで配偶者が行方知れずになった場合は離婚がみとめられます。

離婚裁判をおこして離婚がみとめられれば、仮にあとから配偶者(夫 or 妻)がひょっこりもどってきたとしてもリコンがとりけされることはありません。

強度の精神病で回復見込みがないとき:法が定める離婚理由4

ちょっとした精神不安定レベルであればみとめられません。

強度の精神病という定義もあいまいですよね。過去には統合失調症で将来的に治る見込みがないと離婚が認められた判決例がありました。また治らない精神病であっても、別れたあと病気の元配偶者が生活に困るようでは認めてもらえず厳しいことに。病気の療養ができるほど財産分与をおこなうといった、金銭的アフターフォローが必要なようです。

その他・重大な理由があるとき:法的な離婚理由5

暴力(DV)、暴言(モラハラ)、借金問題などがここにあたります。

とはいえどの問題もレベルの差がありますよね。例えば借金があるだけでは離婚はみとめられません。借金が理由で生活できない・ケンカが絶えないなどの大きな事情が必要です。あくまでも「婚姻を継続することが困難であり、重大な理由」と裁判所が認定すること。そのために客観的な事実をしめせる証拠あつめが大切になってきます。

性格の不一致による離婚はみとめられる?

残念ながら、性格が合わないだけでは裁判所は離婚を認めてくれません。

「性格の不一致で別れたい」というのはよく聞きます。この場合は5番目の「その他・重大な理由があるとき」に当たるかどうかが論点となります。単純に金銭感覚があわない、家事をしてくれない、育児を手伝ってくれない、おもっていた性格と違っていたなどの理由では、まず離婚裁判で勝つことはできないでしょう。離婚はみとめられないというのが一般的な見解です。

法的な離婚理由のまとめ

くりかえしになりますが、協議離婚(円満離婚)であれば法的な理由は一切必要ありません。あくまでもリコンがこじれて裁判にもちこまれた場合のはなしです。

離婚事由の法的解釈は、なかなかにややこしいものです。相手が弁護士をたててきた場合はこちらも弁護士をたてたほうが安心といえるでしょう。