本文へスキップ

円満離婚(協議離婚)

円満離婚と協議離婚は同じ意味です。

円満離婚(=協議離婚)とは、裁判や調停をせずに、夫婦ふたりであらゆることを決めて離婚を成立させることです。円満離婚についてさらにくわしくお伝えします。

円満離婚(えんまんりこん)とは?

円満離婚は、夫婦ふたりで話しあって離婚する一番簡単なリコン方法です。

円満離婚がしたい

円満離婚の意味

円満離婚(えんまんりこん)とは、協議離婚(きょうぎりこん)とほぼ同じ意味です。法律用語や本には協議離婚とかいてありますし、正式な名称は協議離婚となります。

協議離婚(きょうぎりこん)とは、調停や裁判をせずに夫婦二人で離婚届けをだすことです。

協議離婚のカジュアルな呼び方として円満離婚という呼び方がテレビ・雑誌などの影響でひろまっています(協議離婚≠円満離婚)

“キョウギリコン”というとなにやら重苦しい単語ですし、ふつうに離婚届けをだすことだとは分かりにくいですよね。ですので、二人の合意がある・ケンカのない平和的リコンという意味で、円満離婚ともいうようになったようですよ。

全体の9割が円満離婚

離婚には大きく3種類ありますが、日本で一番おおいのはこの円満離婚(協議離婚)です。

離婚するカップルの約9割が円満離婚であり、調停や裁判ではありません。やはり調停や裁判にかけると時間と費用が協議と比べてかかりますから、二人で話しあって離婚届けを出す……というパターンがおおいのでしょう。

離婚の本をかうと「離婚をする条件」「養育費は年収の○%」などとかいてありますが、それはあくまでも目安。円満離婚の場合はルールはあってないようなもので二人の合意さえあれば、本にのっていないようなどんな小さな理由だとしても籍をぬくことは可能なのです。

円満離婚は話しあいが基本

お金がからんでくるとどうしてもケンカになったり、夫婦の雰囲気がわるくなります。しかし円満離婚するためには相手の言い分と自分の言い分をうまくすりあわせて調整が必要です。

夫婦ふたりで話し合しましょう

夫婦2人で話しあいをして下の4つをクリアし、離婚届けを市役所に提出さえすれば円満離婚は成立です。
(1)離婚をする・しない
(2)姓と戸籍
(3)お金について
(4)親権(子どもがいる場合)

どうしても意見がまとまらない場合は、第三者(両親・親戚・友人・弁護士など)にも話しあいの場にきてもらって客観的意見がきけるようにセッティングしてみてください。
それでもうまくいかない場合は調停にもちこむことになります。

「円満離婚の日」は2月29日

うるう年とされる2月29日は『円満離婚の日』と認定されています。この日にした理由は”2人に福(29)あれ、円満離婚”というゴロあわせで。離婚プランナーの寺井広樹氏が日本記念日協会に申請して認められました。

円満離婚の日

また、うるう年は4年に1度しかおとずれません。ケンカして頭に血がのぼって「離婚しかない!」と思いつめても、4年に1度の2月29日までじっくり冷静に考えて頭をひやしてほしいという制定者の願いがこめられているそうですよ。

  
 はてなブックマークに追加 離婚手帖.com