本文へスキップ

離婚調停の費用は約6000円 - 離婚手帖.com -

離婚調停の費用は約6000円と安い!

お金がかかりそうな離婚調停のイメージですが、自分で書類をつくってもうしこめば実はたった6000円程度でおこなうことができるんですよ(交通費をのぞく)

離婚調停の費用は、トータル約6000円(交通費別)!

離婚調停ってすごいお金がかかるイメージですよね。

いえいえ、じつは自分ですべておこなえばかなりリーズナブルに進めることができますよ。

裁判所は公的な機関。調停の費用そのものは郵便&書類代だけとかなり低額に。
個人差があるお金としては家庭裁判所までの交通費があります。それから調停は平日にしかおこなわれませんので職業によっては仕事を休む必要がありますのね。こちらでは、現地までの交通費をのぞく一般的な必要な費用をあげておきますね。

離婚調停の申請費用 合計で約3120円

内訳は下記のとおりです。(料金と必要書類は変更になる場合があります・おおよその目安としてみてくださいませ)

(1)離婚の調書申立書収入印紙代 1200円

収入印紙としておさめます。裁判所内か郵便局で手にはいります。たいてい窓口から徒歩圏内に郵便局がありますのでそこで買うように指示されます。

(2)郵便切手代 900円程度

あとから裁判所より送付される郵送代金です。相手の切手代も申し立て人が負担します。窓口で「○○円の切手を○枚買ってきてください」と指定されます。

(3)必要書類代金 1100円程度

戸籍謄本450円・住民票200〜400円・所得証明書の発行費用など(約300円)

離婚調停中にかかる費用 約1400円

・コピー代 100〜1000円

たとえば手持ちの証拠や書類を提出する場合はコピーして提出します。逆に調停記録を裁判所でコピーしたい場合もあるでしょう。

・郵送代 82〜410円

裁判所に必要書類を郵送する場合があります。

調停離婚後の費用 約1300円

調停離婚には成立と不成立の2パターン。どちらにも完了手数料のようなものはありません。

●調停が成立した場合

(1)調停調書謄本(ちょうていちょうしょとうほん) 300円程度
離婚届と年金分割をおこなうときに必要な書類です

(2)調停調書正本(ちょうていちょうしょせいほん)の郵送代 1040円程度
調停調書正本は無料ですが、郵送代が1040円程度かかります。(申立人に送られると同時に、相手側にもかならず送られるシステムなので、2通分の郵送代を負担する必要があります)。こちらは強制執行をおこなうときに必要な書類となります。お金が支払われなかったときの保険としてしっかりと発行してもらいましょう。

●調停が不成立だった場合

調停調書正本の郵送代、約1040円かかります。

調停費用のまとめ

離婚調停(調停離婚)の手つづきはとても簡単でお金も小額です。ただし現地におもむく時間や、子どもがいる場合の預け先などを考える必要があります。

そういうことを考えれば調停は気軽なことではありません。ですが協議離婚ができないのであれば次のステップとして調停をもうしたててみるのもひとつの手ではないでしょうか。

※当ページ内の情報は2017年3月現在のものです。費用・手続きは法改定などにより変更になる場合があります。